Beautiful World

ドミトリー

僕と同じ部屋には僕以外に6人と一緒に寝泊りしている。

イングランド、スコットランド、オランダ、カナダから来た若者たち。

すれ違う度に調子はどう?とか今日は暑いだとかそんな挨拶程度だけだが

なんとか僕もその輪の中に入って会話しようと努力している。


アメリカに来てまだ二日目だが、ヒアリングの重要さに一番気づかされた。

英語をしゃべれるということよりは聞ける耳を持つことの方が重要で、

当然ながら、何を言っているか理解できないと僕も何を話していいかわからなくなる。

明らかに僕としゃべる時はみんな気を使いゆっくりわかりやすい口調でしゃべってくれるし、

皆必ず笑顔である。申し訳ない。


今までは電車の中や街を歩いていても他の人の話を聞こうとしなかった。

逆に聞きたくないような感じでいた。

自分以外の人間に興味を持てなかった。



明らかにこちらの人達は会話をするという事を楽しんでいる。

お互いを知ろうとお互いが努力する。

コミュニケーションが生まれる。


もしかしたらお互いがお互いに興味を持ってさえすれば、

言葉なんか必要ないのかもしれない。



ヒアリングという他人に興味を持つことが自分を大きく変えてくれる様な気がする。。

今は本当に皆の事が知りたいし自分の事もしゃべりたいから、このドミトリーを出るまで

時間が無いけど全力で知ろうとしたい。

a0219557_16464419.jpg

[PR]
by squarebowl | 2011-07-01 16:35 | カリフォルニア