Beautiful World

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Goen







先週の出来事。

自宅に割と近いフランス料理屋さんに撮影で訪れた。

機材を持ち扉を開けるとご主人が迎えてくれた。

庭仕事をしていた奥さんが仕事を中断し、

料理を運んで来てくれた。



「...どこかで会っている。」


僕は奥さんの顔を何度も見直していた。

どこかで。

どこかで、絶対会っている。





昔から割と記憶力はある方なのだが、

どこでいつ会っていたのか思い出せない。

地元に帰郷したのも去年の11月だし、その後に会っていたのならば

必ず思い出せるはず。





全ての撮影が終わり、ご主人と話していた。


東京で働き、アメリカに行き、

そして帰ってきた、と。


実家もここから近いという話もした。







「うちの奥さん、昔そこの小学校で先生してたよ。」










やっぱり...。






僕は小学生の時に会っていた。


子供は成長して顔や体や声など変わるけれど、

大人はある程度年齢を重ねていれば、ガラッと変わる事等余り無い。




僕は小学生の時の記憶のままの先生を目の前で見たから思い出せたのかもしれない。


素晴らしい年の重ね方をしてきたんだなと、

僕も将来、こんな夫婦になれたらいいなと勝手に思った。






このお店の撮影も本当は僕が担当する筈ではなかった。


急遽僕が撮影する事になった。





縁というものは本当に不思議です。








一期一会。

もう目の前にいるこの人とは一生会えないかもしれないという事を常に頭に置き人と接して行けたら

良い人間関係を築いていけるかもしれない。





a0219557_20253613.jpg

[PR]
by squarebowl | 2012-07-23 20:32 | 日常 | Comments(1)

ただ好きな事だけ。

海の日。

前日は酒田で遠征酒飲み。
そこにいた仲間はみんな同級生。

同じ時代を同じ時間を過ごしてきただけに話が尽きない。
そして何よりも、同じ人生の価値観を僕らは持っている。



長い付き合いになりそうです。





翌日、早朝から鳥海山へMTB。
岩山林道というゴツゴツとした道を一気に駆け下りる。
そのスリルを味わう。



自然を遊び場とする、
という事をここ庄内で学んだ。

これ以上のリゾート地が他にあるのだろうか?
海、山、平野、野菜、果物、肉。
そして、この大自然が作った人。



地元を一度離れた人間だから見えるものが
まだまだ、
まだまだ、出て来そうです。



a0219557_20575942.jpg





a0219557_2058043.jpg

[PR]
by squarebowl | 2012-07-17 20:36 | 日常 | Comments(1)

i phoneより

更新が遅いという苦情を多数頂き、これからは携帯からも気軽に投稿しようと思っております。


継続はチカラなり。







鼠ヶ関。


a0219557_20175761.jpg




ミョンドン。



a0219557_20175872.jpg





青森屋。



a0219557_20175874.jpg





最近の日常でした…。
[PR]
by squarebowl | 2012-07-13 20:12 | 日常 | Comments(1)

Beautiful World in 鶴岡





a0219557_1142276.jpg





Beautiful World。

庄内を横断。

651名のご来場。

誠にありがとうございました!!



遠くは東京、神奈川、山形市、東根市、寒河江市、新庄市...。

そして地元、庄内の方々。


皆さんから頂いたコメント、

一生の宝物です。





写真展が終わり、一週間が経った今余韻に浸る事無く、

仕事仕事仕事でございます。


今回写真展を開かせてもらった事により、写真の可能性や自分の可能性を

改めて再確認させてもらった様な気がします。


正直、こんな極めて個人的な旅の写真展に共感してくれる人等いるのだろうか、

お客さんがこなかったらどうしようとか...、

そんな事ばかり考えながらの準備期間でした。



ただ協力してくれてる友達やその友達や市や商店街や町や人がいて、

期待してくれる人たちがいて、一人じゃないんだと...。

改めて思わせてくれ、なんとか形にしてきました。



写真展前日の搬入日、

この日で全て展示し完璧な状態で、初日を迎えようと思っておりました。


しかし、

全体の半分しか終わらず、会場も閉めなければいけないとのことで、

その日は終了。

翌日の初日10時、

お客さんが続々とご来場。

フロアにはでかい脚立やタワー、そして壁に打ち付ける虫ピンを叩く音。

本当に申し訳ございませんでした。



2日目になりやっと自分が頭の中で思い描いていた絵に近づきました。



ここ一ヶ月間の間に起こった事が濃厚すぎて、疲れ果てていましたが

来てくれる方と色々話す事が栄養剤になり、本当に毎日会場に行くのが楽しみでなりませんでした。




感動して涙してくれたり、

「よく無事で帰ってきてくれた。」と言ってくれたり、

「私も何か、チャレンジします。」

「生きる勇気をもらいました。」

「観に来て本当に良かった。」

「ありがとう。」などなど。



こんな言葉をもらえると思っていなかっただけに、本当にうれしかった。



旅の最中でのブログでも書きましたが、

アメリカでみんなからもらった大切な物を、今度は僕が誰かに与える事が出来るかもしれない。


この写真展も開くか本当に迷いました。

裸の自分を自らさらけ出して、ただの赤っ恥を掻くだけなんじゃないか。

自己満足で終わって、見た人の記憶にも残らない、

ただの「写真展」になるんじゃないか?


色んな事が頭をよぎりましたが、

「アメリカでみんなからもらった大切な物を、今度は僕が誰かに与える事が出来るかもしれない。」


この約束だけはしっかり守らなければいけない。

たった一人でも自分と同じ悩みを持っていた人がいたとして、

そのたった一人の人から何か言葉をもらえれば、

大成功ということにしよう。


それがこの写真展のスタートでした。






人は裸で接すれば、裸で接してくれるんだな。

心からそう思いました。



学ぶ事が多すぎて、頭の中はパンク寸前でしたが、

色んな人と色んな話が出来て、本当に幸せ漬けの五日間。



鶴岡市、酒田市、山形市、各商店街、企業、団体様、

皆さんの協力のおかげで無事完走する事が出来ました。

この場を借りて御礼を述べさせて頂きます。


「ありがとうございました!!」




一つ一つの写真達が大舞台で見事に羽ばたいてくれた。


ここが出発点。


もっともっと羽ばたける様に、もっともっと翼を広げなければ。





Beautiful World






a0219557_18435353.jpg

[PR]
by squarebowl | 2012-07-09 18:50 | 日常 | Comments(3)