Beautiful World

カテゴリ:マサチューセッツ( 7 )

#64-嘉納さんと





嘉納さんと。





a0219557_903321.jpg







ハーバード大学。





a0219557_92596.jpg





a0219557_941424.jpg





a0219557_952087.jpg










チャイナタウン。。





a0219557_975724.jpg







a0219557_984543.jpg






嘉納さんとディムサム(飲茶)。





a0219557_911071.jpg







a0219557_9113277.jpg






お腹いっぱい、きっちり割り勘。







アメリカ最古の公園、

ボストンコモンとその周辺にて。。






a0219557_9144884.jpg



a0219557_9491752.jpg



a0219557_9155385.jpg







a0219557_9163566.jpg







a0219557_917615.jpg








フェンウェイパーク(あのレッドソックスの本拠地)





a0219557_9193059.jpg





a0219557_9195956.jpg





a0219557_9204345.jpg





この日は弱小チームに大差負け。。




a0219557_9213138.jpg






嘉納さんもコミュニティーサイトで知り合いました。



嘉納さんとはお金を一切使わない、無料の所を中心にボストン観光しました。

嘉納さんは主婦の鏡です。



この他にもトリニティー教会、パークプラザホテル、アップルストア?を無料観光。



もうボストンで見てない所はない位、この5日間で相当回りました。



皆さん、ありがとうございました!








2日間寝泊りさせて頂いた僕の部屋。





a0219557_9331620.jpg






そして大変お世話になった松本さん。




a0219557_9373841.jpg








本当に何から何までお世話になりっぱなしで、こんな僕を泊めて頂き、



ありがとうございました!!!!!








a0219557_9394489.jpg










さようなら、


ボストン。





人も街並みも素晴らしい街でした。



また絶対必ず来ます!










a0219557_9413683.jpg





a0219557_9421466.jpg





a0219557_9423825.jpg






a0219557_943179.jpg

















a0219557_944767.jpg

[PR]
by squarebowl | 2011-09-04 08:54 | マサチューセッツ | Comments(4)

#63-松本さん家





ボストンに来て4日目。

今日僕は絶対何もしません。

ゆっくり体を休ませて頂きます。


朝八時半に起き、早速たまっていたブログを書き始めた。

書きたい事が山積みで何から書いたらいいかわからない状態です。




なるべくブログはためずに書きたいのだが、中々そうも行かないのはわかっている。

記憶が新鮮なうちに本当は書けたら一番良い。

このブログも一日の出来事を細かく書いているつもりですが、

時間が足りなかったり、眠くなったり、頭が疲れて回んなかったりで一日の50%書ければ

良いほうだと思う。


本当の気持ちとしては100%の事を書きたいのですが、中々難しいです。。。





今日はそんな事考えながらブログ書いてました。。





a0219557_6101894.jpg







昨日からお世話になっている所はケンブリッジという所です。


めちゃくちゃ静かで、閑静な住宅街という感じで非常に快適に過ごさせて頂いております。


治安もめちゃくちゃ良いし、最高の場所であります。




昨夜は夜遅くに帰ってきたのにも関わらず、深夜まで話に付き合ってくれた松本さん、

ありがとうございます。

松本さんは本当に親切で、全ての事に対してお世話になっております。



今日は午前中から松本さんは外出、

僕はブログに集中。

人の家で1人留守番してるわけですが、相当変な感じです。。




a0219557_626481.jpg






朝ご飯は昨日千春さんからもらったベーグルを食べ、

昼は自転車で外に散歩がてら、得意の中華です。

この辺りは中国人も多く、結構チャイニーズレストランがありました。




一人ご飯は本当においしくないですね。

昨日とのものすごいギャップを感じてしまいました。。


知らない街で一人でいると寂しくなってくる為、すぐ帰宅です。





a0219557_6283048.jpg






家に戻ると松本さんが帰っていました。。。







そして今晩は松本さんの友達が野菜を持って遊びに来るとの事。

そしてご飯作るとの事。

そして一緒に食べませんか?との事。



はいっ、よろこんで!!!




その前に今までの疲れで脳が働かない為、仮眠を摂りました。。。。


昼寝最高ッス。







a0219557_6344685.jpg









二時間ほど眠り、キッチンに行くとお友達の姿が。

名前はベッキーです。

なんと彼女カンザス出身なんです!

しかもカンザス州のトピカという街。

わたくしめ、その街、この足で通らせていただきました。。



こんな広いアメリカでこんな事ってあるんですね。



もう毎日が奇跡の連続で、本当に暇しません。





そして女性群がご飯を作っているのにも関わらず僕はシュポッと。


行っちゃいました。






a0219557_641431.jpg








ボストンで作っているもう1つのビール。

ハープーンです。


種類は色々あるのですが、

サミュエル・アダムスと比べフルーティーな感じがしました。


偉そうにすいません。。。





そしてお待ちしておりました。


まずはベッキーです。




a0219557_6462941.jpg








そしてこのご馳走の数々見てください!!!







a0219557_6482774.jpg






ありえません。


まずベッキー作、ナスを揚げたのにバジルトマトソースとモッツァレラチーズを乗せて食べる

イタリア料理。

野菜がたくさん入っており、最高です。

体に間違いなく良いでしょう!

ナスがめちゃくちゃでかいんです。





そして松本さん作、鳥のから揚げときゅうりとわかめの酢の物、カプレーゼです!

当然フライドチキンといっても、ケンタッキーとは訳が違います。

ちゃんとしょうゆ味の懐かしい味でした。

そしてさすが日本語の先生、

きゅうりとわかめの酢の物とは 渋すぎます!




そしてそして、写真を見てお気づきの方も多いはず、


なんとボストンで、しかも店じゃなく家で刺身食べれるんです!


これには驚きです!!


しかも、おいしいんです。

しょうゆとわさびとご飯の組み合わせ、

涙が出そうになりました。



やっぱりパンじゃなく米です米!




a0219557_6575646.jpg







もうお腹がぶっ壊れるんじゃないかというぐらいご馳走になりました。



ベッキーそして松本さん、


ご馳走様でした!!







もう僕は身も心も満たされ、1ミリも動けません。



このままの調子だと確実に日本に帰る頃には豚になっております。







今日も最高の一日でした。
[PR]
by squarebowl | 2011-09-03 05:51 | マサチューセッツ | Comments(3)

#62-人のやさしさ




a0219557_2351884.jpg







a0219557_236649.jpg






a0219557_2371977.jpg







a0219557_23143197.jpg







コンコード。



この橋からアメリカ独立戦争が始まった。。



朝から素晴らしい場所に連れて行ってもらい、


ありがとうございました。







そして、予定があるのにも関わらず二日間泊まらせて頂き、

本当にありがとうございました!!!




また1つ、一生忘れる事の無い、素晴らしい出会いと思い出が出来ました。







本当に、

本当に!

こんな見ず知らずの人間を泊めて頂き、おいしいご飯も頂き、フカフカのベッドもご用意して頂き


本当にありがとうございました!!!!!







a0219557_23224371.jpg

















人のやさしさに触れ、目頭が熱くなり心も温かくなった。


このご恩一生忘れません。






a0219557_2327248.jpg








そして、今日からまたもやコミュニティーサイトで知り合った方のお宅へ。



僕は幸運すぎます。



荷物を置かせてもらい、今日は2時から予定がありまして、その為に色々と準備しておりました。





実は今日これから会う人は、

あのカンザスの中村さんのボストンでの元ルームメイトの千春さんという方なんです。

中村さんからご紹介してもらったんです。



ずっと、千春さんとは一ヶ月近くメールでやり取りさせて頂いておりまして、

もしボストンに来ることがあれば是非会いましょうという事になりまして。。

ついに今日がその日なんです。



そして日本人コミュニティーサイトもこの千春さんから聞いたのでありました。

もうすでに色々とお世話になっております。




待ち合わせはパークストリートという駅です。


勿論自転車ではなく、バスと電車で移動しました。






駅に2時ちょっと前に到着。

ウロウロしていると千春さんらしい人と目が合い、

問題なく会う事が出来ました。



メールでは何回もやりとりしてはいたものの、いざ会って見るとなんか変な感じです。

しかしわざわざ来て頂き、ボストンに住んでいる人は本当に皆さん良い人ばかりです!


感謝です!







もう会うなり旅の事やボストンの事やお互いの事などで会話が止まらず、

ボストン観光と言うよりは喋りに来たという感じでした。




ボストンといえば誰もが訪れるこのクインシーマーケット。


金曜日という事もあり、人も多く賑やかな場所でした。





a0219557_23433146.jpg







a0219557_23471551.jpg






a0219557_23483579.jpg








そしてボストンと言えば間違いなくこれでしょう!



ずっーーーーと!!

楽しみにしておりました!!!!






クラムチャウダー!






a0219557_23503728.jpg








ケープコッド産のオイスター!!





a0219557_23521586.jpg






実は・・・このオイスター、食べるのを悩んでおりました。



と言うのも去年の暮れ12月にオイスターで思いっきりあたっておりまして(ノロウィルス!)、

悲惨な正月を迎えていたのでした。。。



イチかバチか。


見事あたったら、旅終了!



一週間は動けません。








それも運命、



もう全てを受け入れましょう。


今の僕は食欲には勝てませんでした。






恐る恐る食べました。。。。












このオイスター、めちゃうまです!


噛み応えから新鮮さを感じまして、ちょっと不安から開放。


ビールも進み、最高です!





やっぱり、一人で食べるご飯より二人の方が断然おいしいですね。






そして、今度は金、土限定のマーケットへ。

桃5個で1ドル、

りんご5個1ドル、

とうもろこし、チェリー、にんにく、ほうれん草、ベーグルなどなど

とにかく全て1ドル。




千春さん、主婦のようにめっちゃ買ってました。





a0219557_033424.jpg






a0219557_044228.jpg







そしてアメリカ最古のレストラン、

ユニオン・オイスター・ハウス。

あのジョン・F・ケネディが愛用したテーブルがあるそう。

ここボストンは最古というのがさすがに多いですね。




a0219557_0135871.jpg






そして千春さんにはボストン中心街をほとんど案内してもらいました。


本当にありがとうございます!






a0219557_017918.jpg






a0219557_0155746.jpg






a0219557_0184696.jpg






a0219557_0193766.jpg






a0219557_0202952.jpg






a0219557_0211826.jpg









そして、さっき食べたばかりですが夜飯です。


今までこのボストンに着くまで、ずっーーーと2ヶ月近くちゃんとした海鮮物が食べれなかったので、

シーフードレストランへ連れて行ってもらいました。

ありがとうございます!






a0219557_0264163.jpg






高級です。


こんな所一人では入れません。



メニューの1つ1つを千春さんに説明してもらい、

僕が選んだのはワイルドサーモン。



本当に新鮮で全ておいしかったです!!






a0219557_0291417.jpg







ご飯を食べながら、会話はまだ尽きず、

日本語での会話がこんなにも楽しいものなのかと思いました。

旅の話からお互いの恋愛や仕事など、

プライベートの話までしました。



メールで今まで何回もやりとりはしてたとはいえ、千春さんとは今日初めて会った感じがしませんでした。

本当にやさしく、僕のくだらない話を真剣に聞いてくれて、

最高の時間を過ごさせてもらいました。



千春さん、ご馳走様でした!





a0219557_037028.jpg











また今日も素晴らしい一日を送らせてもらった。



昨日からもう胸がいっぱいです。



人のやさしさに触れ、帰りのバスでまた目頭が熱くなった。。。






千春さん、

本当に今日はありがとうございました!






a0219557_0424585.jpg

[PR]
by squarebowl | 2011-09-02 16:59 | マサチューセッツ | Comments(0)

#61-尚美さん家

a0219557_2014619.jpg







a0219557_2024211.jpg







a0219557_2035254.jpg






a0219557_2045987.jpg






a0219557_2055224.jpg















a0219557_2064329.jpg













ボストンに無事到着し、一夜が明けた。



今はどこかと言うと、一軒のアメリカの家庭の家。


当初の予定では、お馴染みユースホステル・ボストンに泊まる予定でしたが、


かなりの混み様でいつ電話しても満室。


モーテルという手も考えたが高くて話にならない。


ボストンほどホテル代が高い所、他にあるのだろうか?







そこである人から、ボストン在住日本人のコミュニティーサイトを教えてもらい、


駄目もとで空き部屋を貸してくれませんかと投稿。



なんと7名の方からご連絡頂いてしまいました!



この場を借りて御礼を申し上げたいと思います。



こんな見ず知らずの旅人の為に、暖かい言葉を頂き本当にありがとうございました!!!








そしてそして昨日からお邪魔させて頂いているお宅がこちらです。





サムとジャック。



a0219557_20251690.jpg




フレンチトースト。

めちゃうまです。





a0219557_20255510.jpg







このご家庭は旦那のダン、奥さんの尚美さん、そしてサムとジャック、

4人家族であります。



コミュニティーサイトに投稿してから、すぐにご連絡を頂き何回かメールでやり取りをさせて頂き

このような事になりました。



本当に助かりました!!!




昨夜はダンとサムとジャックとご飯を頂き(尚美さんは外出中)、この旅の楽しかった事や辛かった所

や思い出に残ってる場所など色々話し、今ここにいる事がものすごく変な感じでしたが、

おいしいご飯と会話と楽しい夜を過ごさせてもらいました。

サミュエルアダムスというボストンで作っているビールまで頂き、

最高でした!



そしてサムとジャックは日本語と英語、両方喋れるのでダンとの会話の時には通訳をしてもらい

本当に助かった。ありがとう!!

さすがです!






そして、本日9月1日ボストン観光一日目開始です。


今日はシカゴ美術館に引き続き、ボストン美術館に行ってまいります!




移動手段はというと、なんとこの旅初、


バスと電車なのであります!!!


というのもボストンの地下鉄はアメリカ最古、


自転車でえいやこら、走ってる場合ではありません!


しかしながらいざバスと電車で行こうと決めても、かなりの不安があります。。。








そこでダンの甥っ子アレックスの登場です!!!


なんと彼は大学院生で、今日ケンブリッジのアパートに引っ越す様でそれまでこのお宅に

泊まっていたみたいなんです。



ちょうど彼も出かけるとの事、

一緒に付いて行きました。




ボストンはあらゆる所にバス停があり、家から2,3分も歩けばバス停がありました。


アレックスは僕に親切に帰りは何番のバスに乗れば良いとか、

停留所の名前とか、切符の事とか色々教えてくれた。


その他にも僕の日本での事や、旅の事など興味を持ってくれちょっとの時間でしたが会話が出来た。







a0219557_20545542.jpg






そして・・・


驚かないで下さい。












彼、



なんと、



あの、


















ハーバード大学院生なんです!!!!!!!














ありえません。




凄すぎます。



凄すぎて、言葉が出ません。



貴重な体験をさせて頂きました!





数学を勉強してる、アレックスさんです。(年下24歳!)







a0219557_2105898.jpg









そして彼と別れ、僕は一人でボストン美術館へ向かいます。





a0219557_2124782.jpg







レッドラインからグリーンラインに乗り換えです。






a0219557_2135994.jpg









そしてアレックスさんのおかげで間違うことなくボストン美術館に到着。


いやー、大きいですね!!






a0219557_2153355.jpg








入場料本当は22ドルでしたが、

尚美さんに割引券を頂きなんと7ドルで入場出来ました。


平日という事もあり、館内は空いておりスムーズに回る事が出来ました。





a0219557_2114171.jpg







a0219557_21155690.jpg







この絵好きです。




a0219557_21173064.jpg






昔のナイアガラ。




a0219557_21185052.jpg






サ・アメリカですね!




a0219557_21253072.jpg






ここボストン美術館はこんな展示もあり、当時のアメリカの生活を肌で感じることが出来ました。


素晴らしい展示方法です。



a0219557_2128950.jpg






a0219557_2129657.jpg






7ドルランチ。




a0219557_21305178.jpg





ゆっくり見て回る事が出来、大満足です。

5時間かけ、たっぷりアートの栄養を頂きました。

ご馳走様でした。






今日の予定は以上になります。

あまり詰め込みすぎると逆に疲れますから。


と言うのもここボストンには暫く滞在しようかなと考えているんです。

その間に観光やら体調回復やらしようかなと。。。




それとこのボストンという街の雰囲気大好きなので。


明日も観光です、お楽しみに!









a0219557_2136595.jpg

[PR]
by squarebowl | 2011-09-01 19:59 | マサチューセッツ | Comments(1)

#60-僕と自転車の旅   ウェストボロー~ボストン


a0219557_7112669.jpg








どうか無事にボストンに着けます様に。。。。



真っ青な空に向かい、左右の手のひらを合わせ目を閉じた。



アメリカ大陸、横断。




いざ出発です!!





a0219557_802456.jpg






a0219557_7192293.jpg






a0219557_82127.jpg






60日間東に向かい走ってきた。


陽の昇る方へと。。


それも今日で最後になる。


まだまだこの旅のゴールとか終わりとかそういうのではないと頭の中ではわかっていても、


ボストンに近づくにつれ、自分の気持ちが徐々に高まっていってるのがわかる。


ゆっくり、ゆっくり、

確実に、確かめる様にペダルを漕ぐ。










そして・・・



ついにBoston、という文字が見えてきた。


Chicago、の時と同じように何ともいえない、何とも表現出来ない思いにかられた。


胸が熱くなってくる。


1つ1つの丘を越える度に体中にエネルギーがみなぎってくるのがわかる。





さっきも言った様にボストンがゴールでは無い、

のは勿論わかっているが、何故か今までの60日間をゆっくりゆっくり頭の中で脳が勝手に回想していた。






本当に色々な事があった。

本当に本当に色々な事があった。





この旅は辛い事の方が多かったかもしれない。


でもその困難を乗り越える度に、自分が変われた様な気がした。


それだけを信じて走り続けた。




今まで人にやさしくされた分だけ、自分の弱い所が見えてきた気がする。





やさしさと自分。



今まで色々な人からもらってきたやさしさと愛、


そして思いやり。





今度は僕が与える側にならなければならない。


もしかしたら今だったら何か皆に与える事が出来るかもしれない。






a0219557_10182718.jpg








本当にここはボストン何だろうか。


本当にここに海はあるのだろうか。


今まで通ってきた街には無い、何かを感じていた。



a0219557_10223511.jpg





a0219557_10554947.jpg





僕の足はもう自然と海に向かっていた。



懐かしい潮風の匂いが街を包んでいる。







そして・・・






ついに大西洋を拝む時が来た。



60日ぶりの海。


太平洋から大西洋へ。


サンタモニカからボストンへ。



僕は皆さんの夢や希望や勇気を荷台に乗せて走ってきました。


応援してきてくれた皆様、本当にありがとうございました!




アメリカ大陸、横断です!!!















a0219557_1174143.jpg













どこまでも続く青い空と青い海、


そして突き抜けるようなこの晴天。




最高の一日を迎える事が出来ました。





防波堤に座りながら、

ずっと、

ずっと、

水平線を見ていました。






この日を迎えるために60日間走ってきた訳ですが、


本当に着くとは。。。


本当に着いてしまった、というのが今の本音。


今でも現実味が無く、ここが本当にボストンという街なのかさえ疑ってしまう。








今、目の前に広がっている光景を心に刻むように、


深呼吸しながらゆっくり、ゆっくりと、見入っていた。








8月31日正午、


アメリカ大陸横断、



完了です!










a0219557_11411274.jpg







第三章終了。








走行距離   67km





第一章(サンタモニカ~ラトン)    2041km

第二章(ラトン~シカゴ)    2085km

第三章(シカゴ~ボストン)   1991km




総走行距離   6117km
[PR]
by squarebowl | 2011-08-31 07:08 | マサチューセッツ | Comments(9)

#59-あと2日   ノーサンプトン~ウェストボロー







a0219557_1532967.jpg








a0219557_152991.jpg








a0219557_1563497.jpg








出会いがあれば、別れもある。



ほんの15時間だけの事。



この15時間という時間の中で、人間が生きていく上で必要なもの全て得られたような気がした。



今日も朝はとても寒かったが、心はほっかほかに暖かかった。



ありがとうございました。


ブルーシィ。








a0219557_285827.jpg







a0219557_210555.jpg






a0219557_2105781.jpg







ミカエル、送ってくれてありがとう。


最初から最後まで本当にありがとう!


ニューヨークまで必ず辿り着きます。



a0219557_238231.jpg






a0219557_4301795.jpg








素晴らしい出会いからまた別れ。

いつもいつもその繰り返し・・・


旅人は同じ所に長居してはいけない。


僕は再び東に向かい走り出した。





あと二日、

あと二日頑張って走れば、大西洋を眺める事が出来る。


あともうちょっとの頑張りで事を成す事が出来る。






a0219557_435310.jpg






a0219557_436442.jpg






アパラチア。


今日も走ります。


かかってきなさい。






a0219557_4391029.jpg






a0219557_4401445.jpg






ミカエルの別れ間際の話だと、ノーサンプトンからボストンまではほとんどフラットなんだと・・・・



もうすでにこんな所まで上ってるんですけど・・・・




頼みますよ、ミカエル君。


変な期待しちゃったよ。






a0219557_4432581.jpg







a0219557_4452021.jpg







ただただ無心で東へ向けペダルを漕ぎ続けます。


無心です、無心。。。


無心じゃないとこのアパラチア、越えれません。



坂ばかりでつまんなくてすみません。


僕はもっともっとつまんないんです。。





a0219557_4505880.jpg






a0219557_542644.jpg







そしてウースターというボストンまでの最後の大きな街に到着。


大きな街だからといって、アップダウンが終わるわけでは無いですよ。


逆にこれぐらいアップダウンが極端だと気持ちいいですね。


是非このままボストンまで続いて欲しいものです!








a0219557_594081.jpg




眩暈が。。。



a0219557_5102920.jpg





そして今日はウースターで泊まる予定でしたが、

明日のボストンまでのラスト走行を楽にするために出来るだけ東に進もうと。。。

一漕ぎ一漕ぎ頑張りました。




a0219557_5142431.jpg











そしてここが限界!


今日はウェストボローという街まで!




a0219557_5164772.jpg






今日も一日お疲れ様でした。


そして実は本日8月30日で、アメリカにきて丸々2ヵ月経つんです。


本当に経っちゃいました。


おめでとうございます。


ありがとうございます。



ただ今日はお祝いはせず、ボストンに着いてからのお楽しみにするとします。




あと一日、


あと残り60kmです!










a0219557_5262657.jpg









走行距離   105km
[PR]
by squarebowl | 2011-08-30 01:43 | マサチューセッツ | Comments(1)

#58-ペダルピーポー   オールバニ~ノーサンプトン


アイリーンも過ぎ去り、本日快晴。

二日間お世話になったオールバニを後にします!

オールバニって案外都会だったんですね。





a0219557_19555086.jpg




a0219557_19573047.jpg





めっちゃ走りづらい橋を横断。

今日は月曜日、みんな働いてますね!


a0219557_200981.jpg




a0219557_2011114.jpg




a0219557_202436.jpg






ここまでは良かったのですが・・・

昨日ルートを決めようと地図を広げると、とにかくチリチリなんです。道が。

今までもこんなチリチリ無かったので、昨夜は不安で不安でしかたありませんでした。。。


そしてまぁ、御察しの通りいざ走ってみるとこんな道になる訳なんです。



a0219557_20112896.jpg




どうやら先日から続く坂道は、あのアパラチア山脈の一角らしいんです。

そりゃきついわけです。



でももうとにかく坂がきついとかも言ってられない!

ボストンに着く為にはひたすらアップダウンを繰り返すしかないんです!




そして走っていると、こんな感じで道路が封鎖されていました。





まさか!!?通れない!?

とは思いましたが、聞いてみるともうちょっとで通れるようになるよとの事。

昨日のアイリーンのせいで、電線が切れてそれの修復をしているだけみたいでした。




a0219557_20204469.jpg





という事で無事東に進めます。

そういえば僕が走っている路肩も、枝やら木やら葉っぱやらが散乱しており非常に走りづらいっす。。



a0219557_111017.jpg




a0219557_20233676.jpg




a0219557_20243117.jpg




もう自転車を押して進むのでやっとです。

下を向きながら一歩一歩前進。

チリチリも積もれば山となる。。


山・・・



山という言葉を出すのは止めときましょう。




ふくらはぎが久々にパンパンです。

下ばかり見ないで、上を向いて歩こう!

すると・・・






a0219557_20304638.jpg




どーん!

なんとニューヨーク州からマサチューセッツ州に渡ります!

カリフォルニアからここまで13州目に突入であります!!


おめでとうございます。

ありがとうございます。


マサチューセッツ州は勿論ボストンがある州であります。

マサチューセッツ州、

マサチューセッツ州、

噛まずに言えますか?

僕は毎回噛んでます!!!




a0219557_20364561.jpg




大分登って参りました。

もう僕の目線より上にある山々はありませぬ。


景色と空気は最高なんですがね・・・

ここで終わりにしましょう。


そして、もう下りましょう。



a0219557_20504167.jpg




久々のこの標識!

下りま~ス!!


a0219557_20531249.jpg


a0219557_20515912.jpg



途中の水溜り封鎖。


a0219557_20551510.jpg



a0219557_2056527.jpg





昼飯は勿論ファーストフード!

体が蝕まれていくのがわかります!



a0219557_20572379.jpg




登りはあんなに長く感じるのに、下りはあっさりしてますね。。。








なんていうんでしょう。

日本でいう軽井沢みたいな所だと思います、この辺りは。

森林の中を走りぬけ、もう紅葉もちらちら見えてきてます。



a0219557_1165964.jpg








そして本日の目的地ノーサンプトンにやっとの事で到着しました。

先日からノーサンプトン近辺でモーテルをネットで探しているのですが、軽井沢なんでどこも高いんです。

100ドルやら120ドルやら、これで普通クラス。




そしてゆっくり街の中を走ってると、向こう側からチャリダーが


「ベストロード!!!!!」


と叫んで僕に向かって腕を上げている。

僕も負けじと腕を上げた。



元気が良い奴だなーと思いながら走っていると、後ろからまた



「ベストロード!!!!!」




と言って僕の横にピタッとついた。


なんだこいつと思ったが、バッグからごそごそ何かを探し僕に差し出した。


食いかけのパン。だった・・・



いらねーよと思ったが、あまりにもの笑顔で差し出してきたので受け取りました。



すると彼は

「何処に行くの?」

「モーテルを探してるんだけど、この辺は高いね」

「OK、一緒にディスカウントしてもらえるように言ってあげるよ、ついてきな」



と、彼についていった。。。




着いた先は明らかに高そうなモーテルというかホテル。

この旅はどういう旅なのか彼はまったくわかってないなー、と思いながらも

彼は必死にフロントの女性に値段交渉をしてくれている。。


結局、89ドルが最低料金。


彼にお礼を言い、自分で探してみると言い別れようとすると、

「これは何だ?」

と僕の荷台に乗せてある荷物を指差し聞いてくる。



「テントとか寝袋とかだよ」


「オーマイガー!!!!」


と彼はまた叫んだ。

彼は英語でペラペラ喋っていたが、よく聞き取れなかったのでゆっくり喋ってもらう。



何がオーマイガー!!!!だったのかと言うと、

彼のベストフレンドの家がすぐ近くにあり、そこの庭だったらテントを張れるしただだよと。。


僕はついていって本当に大丈夫なんだろうかと一瞬迷ったが、

これも運命であり出会い、全て受け入れよう。

彼を信じようと、ついて行く事に決めた。





a0219557_1372552.jpg





a0219557_138582.jpg






ある一軒の家に着いた。

彼はちょっと待っててと言い、家の中に入っていってしまった。



五分後、

その家からスイカとナイフを持った女性?が出てきた。

女性?と思うのには訳があり、良く見ると顔中、毛だらけなのである。


また変わった人が出て来たなーと思ったが、話してみると彼女はとても優しく接してくれた。

庭も広く、一晩だけ使わせてもらう事になった。





a0219557_1485484.jpg




彼女?はテント張ったら家の中に来てという事だったので、お邪魔する事に。



すると家の中には何をしてる人達なんだろう?と思うような男女が6、7人はいるのが見えた。

彼女?はトイレとかシャワーとかの場所を説明して、6時からフレンドとディナー食べるから

一緒に食べない?と誘ってくれた。

そして僕は6時までまだ一時間位あったので、

カメラを肩にぶら下げ家や庭をうろついて時間を潰していました。。。



こんな所です。



a0219557_159119.jpg




a0219557_2202172.jpg




a0219557_2211947.jpg





a0219557_222272.jpg





a0219557_2233676.jpg





ドライアップルまで作っております。

不思議なお家です。


a0219557_2214123.jpg





そして、倉庫には。




a0219557_22155491.jpg






a0219557_22163455.jpg






ペダルピーポー。

彼女に何の事か聞くと、ビジネスだと言う。。。



そしてお家の中にもお邪魔しました。



さっきまでいた人が何故かいなくなっており、台所にはアレックスという男性が料理を作っていた。



アレックス。

27歳。

職業ー不明。

印象ーゆっくり喋ってくれるので良い奴だと、思う。

13歳の時にここに来たという。。。謎が深まるばかり。。




a0219557_22211496.jpg






a0219557_22222355.jpg







a0219557_22231761.jpg






そしてお気づきかも知れないが子供もいるんです。

二人子供がいるんですが、この子は僕に凄く興味があるみたいでずっと見つめられ続けました。





a0219557_22262436.jpg






そしてディナータイムです。

アレックスが作ったスープにクスクスというパスタを入れて食べる見たい。

多分みんなベジタリアン。

話によると野菜は全部近所の家からもらった物だとの事。




a0219557_22312518.jpg




味は何の味もしません!

よくわかりませんが、これを食べながら何故かハイジの気持ちになりました。


でもアレックスが丹精込めて作ってくれたスープ。

素朴な味で体に良さそうでした。


ご馳走様でした。





ご飯を食べ終わり、暫く皆で会話をしながらリビングにいると、

例の彼女が外に来てと言ってきた。



行ってみると彼女はヘルメットをかぶり、自転車をまたいでいる。

カモーン!と笑顔の彼女。









a0219557_22403881.jpg






a0219557_22422886.jpg






人一人追加。





a0219557_22432733.jpg






a0219557_22442948.jpg






a0219557_2245482.jpg






何かというと僕はこれに乗せられていました。





a0219557_224732.jpg





彼女は僕を乗せ町を案内して回ってくれた。。。

ここはこういう町で私は誰でと。。。

やっと名前を教えてもらった。


彼女の名前はブルーシィです。

発音がめちゃくちゃむずかしかった。



彼女は身寄りのない若者達を自分の家に住ませ、家の手伝いやビジネスの手伝い

をしてもらう事でその関係を成り立たせている。

彼女は本当にやさしく、ずっと笑顔で僕に話しかけてくれた。。。



こんなどこから来たかもわからない人間を言葉一つで泊めてくれ、

その上ご飯を頂き、さらに観光まで付き合ってくれた。






ブルーシィ、本当に今日はありがとう。

あなたと出会えて本当に良かった。





素晴らしい出会いと素晴らしい景色に今日も感謝です。







a0219557_2318355.jpg











走行距離   144km
[PR]
by squarebowl | 2011-08-29 19:47 | マサチューセッツ | Comments(4)