Beautiful World

加茂水族館

僕の生まれた所は海にほど近く、


10分も車を走らせれば、水平線が見えて来る。





湯野浜を通り、海岸線を南下すると加茂港、


加茂水産高校、そして、加茂水族館へと到着する。





今やギネスにも認定された「クラゲ展示種類数世界一」の水族館。


昨年度は80万人の入館者数になったとか。



a0219557_1647393.jpg






小さい頃に水族館に行った時の記憶と言えば、


決して明るい雰囲気ではなく、アシカショーぐらいなもので


飼育員の方から病気になっているペンギンを見せてもらった事だけなぜか覚えている。













あるちょっとした事がきっかけで、一冊の本に出会いました。





いつ潰れてもおかしくない水族館として日本一有名だった加茂水族館。



今現在のクラゲドリーム館に育て上げる為に50年ほどの時間をかけた。



そんな半世紀の間に起こった出来事を赤裸裸に綴った「無法、掟破りと言われた男の一代記」



村上龍男著書。






この本のおかげで脳天に雷を落とされたぐらい衝撃的な事実の数々を知った。



家を担保に借金をさせられてたこと。



売り上げのほとんどを親会社に持って行かれたり。





とにかく50年間の努力と葛藤が刻まれている本だった。







僕はいてもたってもいられなくなり、水族館に行く。










アカクラゲが本当にきれいだった。。。












それから何回も何回も通い、



一つの作品を作り上げる事が出来ました。






神様が落としてくれたクラゲとの出会いや、



経営不振、人間関係、お金、仲間などすべての事、



僕なりの解釈で表現させてもらいました。








a0219557_17334339.jpg









「Jellyfish」



International Photography Awards 2015 入賞作品






賞とか本当はどうでも良くて、



村上さんに挨拶に行った時に一緒に喜んでくれたことが1番うれしかった。





2016年3月19日まで加茂水族館で展示させて頂いてます。




大切なものを入れるジュエリーボックス。



それをイメージした展示内容になってます。




是非観に来て下さい。






a0219557_1647237.jpg

[PR]
by squarebowl | 2015-12-21 22:19 | Photography | Comments(0)