Beautiful World

♯19-パパと冬馬君









東京に住んでた頃、

さくらんぼが実家から送られてくるのが、

とても楽しみだった。













ユタで出会ったパパとトーマ君。

久しぶりにパパと電話で会話出来た。




相変わらずパパは元気そうで、

ハスキーボイスで、

本当によかった。








泣きそうになりながら登ったロッキー山脈、


泣きそうになりながら蹴飛ばした犬たち。


パパとトーマくんと観に行った世界遺産、タオスプエブロ。


トーマくんと遊んだホテルのプール。



そしてモニュメントバレーで一緒に飲んだコーヒーの味。




パパの声を聞いた瞬間、あの時の全てのことが

頭の中に流れた。







いま、

冬馬くんは朝四時に起き、

2時間かけて電車通学。


帰りは毎日10時くらいになるとパパは話していた。




アメリカでも話していたサッカー選手の夢。


今、冬馬くんはその夢の為にがんばっている。







タオスのホテルで朝食を食べながらパパと話してた事。


「今回の旅がトーマとの最後の旅になるかもしれない」







ちょうど2年前の事。




それが現実となり、

フリータイムが全くない息子の事を想っていた。










さくらんぼ食べて、がんばってね冬馬君。


山形から応援してる。





a0219557_1202529.jpg






a0219557_121931.jpg






a0219557_121251.jpg




a0219557_1214030.jpg
































 
[PR]
by squarebowl | 2013-07-18 01:40 | 日常 | Comments(0)