Beautiful World

#34-都市へ    トピカ~カンザスシティ








朝起きるとこの通り、もし今日このままだったらもう一泊しなきゃいけない・・・・

そんな事を考えているうちに、また寝てしまった。。。


一時間ほど寝たのだろうか。。

すると風と雷の音がしない。

ドアを開け外に出て見ると、小雨に変わっていた。


よし準備しよう。



a0219557_1054585.jpg





今日は距離にしておよそ100km。

距離で見ると大したことが無いが、昨日のアップダウンや交通量の多さなどを想定すると

カンザスシティまでの道のりはそんなに甘くない。


トピカはカンザス州の州都だけあって、朝から交通量が多い。

しかもどの道もアップダウン坂。

もう朝からいやになってくる。。。



トピカの中心を突っ切り、ルート40に乗る。

a0219557_11205937.jpg





ん~、ウィチタ辺りからここまで道が非常に走りづらい。。

選んでる道も悪いんだろうが、路肩がほとんど無い。

なので、後ろから来る車の邪魔になっているし、トラックなんか通られると

いちいち砂利道や原っぱの方へ逃げなければいけない。

性格が悪い奴が通ると、対向車が来てないのに僕の方へわざと幅を寄せてきて、

道路から押し出そうとする。



とにかくこの路肩が無いのとこのアップダウン、相当ストレスになってきてます。


a0219557_11362471.jpg




あと、

この汗!

どうしたの?と言いたくなってくる。

とにかくずっとあごから汗が滴り落ちている。

気温もそうでもないし、水分も適度にしか取ってないのにどこから出てくるの?

っていう感じです。

サングラスもかければすぐに水浸し。

逆に汗で視界が塞がれるので、危ない。

つけてませーん。





a0219557_1148493.jpg





トピカから40km程走り、ローレンスという町に到着!

丁度昼時だったので、店を探しましょう。


この時の気分は、ケンタッキーかチャイナでした。

迷いましたが、昨日ピザ食べたのでチャイナに。。。



a0219557_11543918.jpg




あのウィチタのチャイナにはやっぱり負けちゃうが、でもにんにくが利いてておいしかったです。


そしてご飯を食べていると、ちっちゃい女の子が僕の横に来て、ずっっと僕の顔を見ている。

実は良くあるんです。こういう事。


日本でも電車に乗っているときや、街中を歩いている時でも、

何故か子供は僕の顔をずっと見るんです。

多分僕の顔を何かのおもちゃと思っているんではないでしょうか?

それか何か見えるのか・・・



本当に良くあります。


そしてその女の子のお母さんが、走っちゃだめよと注意していた。。。














日本語?


いやいやいや、

こんなカンザスのローレンスという土地でしかもこんなチャイナで。

無いでしょう。。

一瞬箸が止まったが、再び食べていると完全なる日本語でさっきの子供とお母さんが話している。


ちっちゃい店なので、よーく聞こえる。





カンザスで二度目。

本当にこんな事があるんですね。


早く話しかけたくて話しかけたくて、ご飯をマッハで食べ、

いざその親子のテーブルへ。。



丁度頼んだものが到着していて、間が悪いと思いましたが声をかけてしまいました。

そうするとやっぱり日本人。



中村さん。




日本とアメリカを行き来していて、ここカンザスには三年位との事。

あのかわいい女の子は友子ちゃん。

本当にかわいかった。



色々話している中で中村さんがこんな事を、

「もっと少しでも前に知り合っていれば色々してあげれたのに・・・」




何故かその言葉が今でも頭の中に残っている。

この言葉は今の僕にとって一番うれしい言葉だった。



ちょっとでも前に知り合っていれば、僕が言うのも何だが色々お世話になっていたかもしれない。

でも今知り合って今アメリカを横断しているという事を中村さんは知った。

僕を引き止める訳にも行かないし、でも何かしてあげたい。。。

中村さんの話す言葉からこんな事を感じる事が出来た。。。



この数分の間で中村さんは、僕の前に進まなくてはいけないという状況を理解して頂き

本当にうれしく思いました。

僕はほんの少しの間でしたが中村さんと話す事が出来、前に進むためのパワーを一杯頂きました。



トピカをあと10分出発が遅れてたら、

チャイナじゃなくケンタッキーにしてたら、

そしてここまでの道が坂の連続じゃなかったら、

もう全ての事象が運命で、その一つが欠けていたら

中村さんとは一生出会わなかったかもしれない。



全てにありがとうございます。


友子ちゃん、自転車の練習がんばってね。




a0219557_12385413.jpg












心と胃袋も満たされ、カンザスシティへ出発です。


相変わらずの路肩なしロードですが、例のアップダウンは少なくなってます。

残り35kmぐらい、頑張りましょう。


a0219557_1244783.jpg


a0219557_12452397.jpg



途中何故かこの僕に道を聞いてくる人いました。


a0219557_1246367.jpg





そしてルート24を走っているつもりでしたが、何故かフリーウェイと合流してしまい・・・。

a0219557_12503815.jpg


暫く走っていると・・・


a0219557_1253351.jpg




どーん!

ハイウェイパトロールが。。。

かなりしつこく色々聞かれましたが、

英語がしゃべれないと連呼したら、次の出口で必ず降りろとの事。

うまくスルーできました。




この後も下道でとりあえずカンザスシティの中心街へ向かうんですが、

今度は路肩なし、アップダウンにプラスし黒人がめちゃ多くなって来ました。

なんかちょっとイカレテイル人や、やたら肌露出してる人、

町や家も汚い、あんまり治安よくない所通ってるなーと思いながらもずんずん進んでいきました。




a0219557_132236.jpg





あそこまで行かねばならぬ。。。




でもいけそうな道探していると、このフリーウェイに絶対繋がっているんだろうな、

というも道しかない。。。っぽい。



ヘルメット着用。

水分補給。

危険覚悟。

行って来ます。






とにかく全速力で入っていく。

途中、右側からインターチェンジしてきた車がぶんぶん走っていく。

150kmは出てます、みんな。金曜夕方だし。



そして本線とインターチェンジが合流する所によくある斜線が引かれ三角になっている所で、

一番右側の側道にいつ渡れるかタイミングを見計らう。



よし今だ!




本当に車の往来が激しく、クラクション鳴らされまくりましたがなんとか渡った。


よし!と思ったが、このフリーウェイ、





路肩が10cmもありません!!!!!!!







血の気が引きました。。。

150km飛ばしている車と一緒のレーンをこの荷物満載の自転車が走ってます。。。




とにかくとにかく太ももに力を入れ、呼吸もほとんどしてなかったんではないでしょうか。

必死に出口まで走ります!!



そんな状況のなか、ウェルカム ミズーリの看板の文字だけは見えました。



こんな州越えいやです。





一心不乱に漕ぎ続け、クラクションもそうだが急ブレーキの音達と共に何とか一番近い出口に逃げ込む。







助かった・・・・。



出口に出るともう足に力が入らなくなってまして、その場に暫く座り込んでしまいました。。。




a0219557_13595491.jpg






そして無事モーテルにチェックイン。



これまた怪しい雰囲気が漂っている地域に決めてしまいました。




a0219557_13305417.jpg







危険な事はなるべくさけて来たつもりでしたが、フリーウェイに路肩が無いという

今回の様な事もこれからもあるかも知れないので、都会の走行には十分気を付けます。。。



本日も長らく失礼しました。





走行距離 136km
[PR]
by squarebowl | 2011-08-05 09:59 | カンザス | Comments(5)
Commented by ya-bi-tu at 2011-08-07 14:51
こんにちは〜!
偶然性と必然性の良い手本的な話ですね〜!
片田舎と言っちゃ失礼かもですが、日本人が居ると思わない所でさぞ嬉しかった事でしょう!(笑
何でも無い会話の大切さなんか日本に居て普通の生活してるだけでは中々感じれない事ですよね〜!
課題としてはルートですね。
怪我をしたり命を落としてはね。。。
どうしても通らなきゃいけない場所以外は通らないルートを組み立てないと命がいくつあっても足りなくなりそう。
観光ビザの3ヶ月縛りもありますが、あまり先を急ぐばかりに目的を達せられないのが1番怖いです。(無事に日本に帰って来る)
無理は見ているコチラも肝を冷やします。
ルートは安全第一で選定して下さいね!
Commented by せいなとくるみ at 2011-08-07 21:56 x
翼君のブログの写真を久々に見て声が聞きたくなりました。アメリカではお友達がいっぱいできてよかったですねー小さい子にみつめられるってそれは翼君の事が怖くないからでしょうー大変だけど最後ま
Commented by せいなとくるみ at 2011-08-07 22:15 x
久々に翼君のブログの写真を見て声が聞きたくなりましたーアメリカではお友達がたくさんできてよかったね。小さい子に見つめられるーそれは翼君のことが怖くないからでしょうー大変だけど安全第1でがんばってね!
(無理をしない、先を急ぐなールートは安全第1で選定するとのコメント本当にありがとうございます。けが、命を落しては何も意味がありませんので・・・暖かいコメントに感謝しております)
Commented by ココママ(=^・^=) at 2011-08-08 22:49 x
おはよう。。。
写真見ても路肩が狭くておっかなそうです、昨日旦那と高速走りながら「翼くんもこういう道路走ってんなんよの、おっかねやのぅ~~」と話題にしてました、どうぞどうぞ十分気を付けて走ってくださいね。
中村さん母子との出会いはとっても嬉しかったでしょうね(*^。^*)パワーもたくさんもらってよかったね。
思いもしなかった場所で日本人に出会う翼くん、引き寄せですねっ☆
きっとまたこれからも~~~☆
Commented by chiharu at 2011-08-09 04:57 x
はじめまして。カンザス在住の中村さん&友子ちゃんの友人の千春といいます。このブログを中村さんに紹介していただいて、早速拝見しました。旅先での日本語は心が癒されますよね。私は東海岸のBostonに住んでいます。もしこちらに来られる事がありましたら、日本語でお話できたら良いなと思います。どうかお体には気をつけてくださいね。自転車の旅応援しています!!ブログのアップも楽しみにしています。