Beautiful World

#24ー僕らの始まり   タオス



朝起きたらもう八時だった。。

久々にアイフォンのアラーム以外での起床。

ゆっくり寝ることが出来た。


パパはもう起きていた。

シャワーを浴び、昨日に続き今日もトーマ君無しでの朝食。


本当は今日朝出発する予定だったが、パパがもう一日タオスに泊まってまでも見た方が

良い物があると。


それは、

世界遺産タオス・プエブロ。


1000年以上この土地に定住したインディアンの家が実際にみれる。

しかも今日は一年に数回しかしない、コーンダンスという踊りも見れるという。

コーンダンスとは名前の通り、とうもろこしの実りに感謝する踊り。


タイミングが良くなければこの踊りは見れないし、今ここにいるのも何かの縁。

一生に一度かもしれない。


ロッキー越えはもう目の前、もう一泊しよう。



a0219557_23203169.jpg


a0219557_23222092.jpg



荷物をまとめ、車の中に入れてもらった。

プエブロはここから30分もかからない所にある。

その前に僕の今夜の宿を一緒に探してくれた。。


モーテルの値段を聞きに行く時もパパが付いてきてくれた。

とても心強い。

しかも値切ってくれた。

一泊35ドル。

朝食付き。


今まで色々な所に泊まってきたが、この上ない金額。

一軒目で決めました。





そして目的地タオス・プエブロへ。

山の麓にあるこの集落はもう観光客で賑わっていた。

入り口で紙を渡される。


その紙には、写真NG、携帯NG、動画NG。

もし見つけたら警察が没収し、返しませんと・・・



残念・・・・

皆さんには御見せで来ませんが、行って参ります。

想像してください。




入場料10ドル。

集落の中に入ると黄色い土壁の家がいくつも並んでいた。

一階のみならず、二階建てもある。

この土壁、粘土質の土にオイルやわらを混ぜ込み作る。

とても優秀な壁で夏は涼しく、冬は暖かいらしい。



集落内には観光客用にインディアンジュエリーの店や揚げパン等売っている店が何件かあった。

そしてこのパンは蜂蜜をかけて食べるのだが、めちゃうまい。


入る店入る店でパパは店の人としゃべっていた。

「インディアンは日本人にはやさしいね」

とパパ。



この村が1000年以上もここで続いた理由として、とうもろこしとバッファローがある。

とうもろこしは主食でバッファローは肉としても食べられてきたし、捨てる所が無いという。

革は服に、骨は身を守る鎧に。


ここに住むインディアン達はバッファローを神様同然の様に扱ってきたという。





コーンダンスは情報だと二時から始まる。

炎天下の中、待てど待てど始まらない。

パパ曰く、

「これがインディアンタイム」

つまり時間なんか関係なく、気持ちが高まったら始まるとの事。

つまり適当なんです。



一時間ぐらい待っただろうか。

頭には鷹の羽、上半身裸で腰には蓑みたいな物をつけた男と女性が現れた。

手にはマラカスみたいなものを持ち、年老いたインディアン達が歌う曲に合わせ男女が踊る。


インディアンといえば、黒髪に長髪。

しかし白人で金髪のインディアンもいた。

これが時代の流れ。


踊りは一箇所だけではなく、村の中を何箇所も周り続けられた。

何か意味があるんだろうけど、僕らにはわからなかった。


今目に見えている光景を本当に写真に収めたかったが、

写真に撮ると今の光景が記録には残る、

でも今は写真を撮らず心の中に記憶として残そう。。。



目の前の光景を心で撮ろう。




グランドキャニオンに引き続き、二箇所目の世界遺産。

本当に偶然が偶然と重なり、ここに来ることが出来た。


旅の本当の醍醐味をこの数日間味わう事が出来た。




赤の他人にご飯をおごり、ベッドまで用意してくれた。

そして一緒に一生忘れられない素晴らしい時間を共有できた。

本当にありがとう、パパとトーマ君。


そして、このアメリカの大地。



a0219557_084837.jpg

[PR]
by squarebowl | 2011-07-26 22:57 | ニューメキシコ | Comments(0)