Beautiful World

#21-ロッキー1   ファーミントン~ダルシー

アメリカに降り立ち、早24日。

この自転車でのアメリカ横断の旅、

今日からロッキー山脈越えという最大の難関が始まる。


アメリカを横断するにあたり、前半が砂漠、山脈地帯、

後半が牧場、農場地帯という風に分かれると思う。

従い前半の方が圧倒的に難関である。


これからその前半戦の山場を迎える。


a0219557_1183685.jpg


今日の目標はファーミントンから東に140km進んだ所にあるダルシー。

距離的には今まで走ってきた事のある距離ではあるが、なんせ上り坂。

前日に色々ネットで調べてみるも、ファーミントンの標高とダルシーの標高を

比べ、どれぐらい上がっていくのか想像する事位しか出来ない。

およそ今日は600m登っていく。



a0219557_11151721.jpg


ファーミントンを朝六時に出発、体調は70%回復といった感じ。

20km程走ると、次の町ブルームフィールドに到着。

恐らくこの町から目的地のダルシーまで100kmの間、

店が一つも無い。

最悪力尽き野宿しなければならない事を想定し前日に水や食料は買い込んでおいた。


いざ出発。



a0219557_11254049.jpg


a0219557_11293764.jpg


走ってると緑が有り、今までに無い新鮮な風景だがもう微妙な上り坂が始まっている。

そして今日も風が悪い。

向かい風。

そして風景も移り変わっていく。。。

a0219557_11334634.jpg


a0219557_11364842.jpg


気温はベスト。

ここまで40kmほど走ってきてるが、水を一度も飲んでない。

飲まない事が良い事では決してないが、野宿など最悪な場合を考える上では

水があるという事は、精神的に非常に楽である。

a0219557_11421058.jpg


遠くに見えるだろうか、

うっすら見える山々を恐らくこれから越えていかなくてはならない。


a0219557_11441986.jpg


ダルシーまで残り80km程。

a0219557_11483589.jpg



旅が始まり24日。

それなりに今まで色々な場所を走ってきた。

モハヴィ砂漠、セドナ、グランドキャニオンなど。

それなりに足に筋肉が付いてきているはず。


でも足に力が入らないというのか、漕いでも漕いでも時速12km程度が続いている。

その割りに足への負担は強烈である。


実は二、三日前から、喉の調子が悪かった。

唾や水を飲み込むと喉に何かが引っかかる感じで、胸の辺りもなんか痛かった。

元々扁桃腺が人よりも大分大きいので、何か風邪か菌が移ったのかなとも思い

ファーミントンで風邪薬を買い前日から薬を飲み始めていた。


そんな風邪の症状もあるのかなとも思いながら、この普通じゃない体の疲労、

特に太ももがもう死にそうになっている。



a0219557_1251235.jpg



一見、普通の平坦な道。

しかしこれが上り坂なのである。

自転車で走ってると目の錯覚と言うものが良くあり、

例えば下り坂を走っていて、遠くの方を見ると道が上り坂になっている。

でもその上り坂は実は通って見ると、平坦な道であり、

逆に上り坂を登っていてもうちょっとで下り坂だと目に見える道は実は走ってみると

まだ上り坂だったり。。。

本当に目と言うものは曖昧なものなんだなと思った。



出発から五時間程経ち、案の定店が一つも無いので食欲はまったく無いが、

体の為に栄養補給。


a0219557_12144878.jpg


食欲が無いけど、果物だったら何とかいける。

果物だけでは駄目だと思い、モニュメントバレーで会ったパパから貰った

ピーナッツでパワーも蓄える。




やはり標高も上がってきたとは言え、暑い!

朝とは違い水の消費も多くなってきている。

最悪水が無くなり、宿も無し、店も無しの場合は命の事を考え

30分に一回くらいは車が通る道なので、ヒッチハイクしよう・・・


a0219557_1224473.jpg

a0219557_1226652.jpg




走っていて一番不安なのが、ダルシーにもし着いたとして

本当にモーテルがあるのか、水、食料が売っている店があるのか

という事。

もし140kmも走りその全てが無かったら、もう終了である。

しかもそれが夜だったらの事を考えるとゾッとしてしまう。。。

そんな自分に大丈夫、大丈夫と言い聞かせながら、走っていた。


a0219557_12325269.jpg


a0219557_12352864.jpg


こんな風景がずっと続いてきた。

出発から風も一度も止まず、プラス上り坂ももう80km近く続いて来たんでは無いだろうか。

一漕ぎ一漕ぎが重く、この長時間に渡るこの全てに嫌気がさしてきた。

なかなか進まない事と足がもうきついという事、水、食料、宿、店への不安。


こんな事をやっている自分になのか、それともこのロッキーという自然へなのかわからないが

叫ばなければやってられなかった。

辛くなる度に叫び、不安になる度に叫び、それによって僕に溜まっているフラストレーション

をこの風景に解放していた。

a0219557_12475339.jpg






そしてひたすら漕いでいると、またしてもインディアン保護区に入る。

風景は今までとまったく変わらないが、人がいそうな気がしてちょっと気持ちが楽になった。

a0219557_125309.jpg



インディアン保護区入って5kmほど進むとこんな事が。


向こう側から一台のピックアップトラックが向かってくる。

段々その車は減速し僕の横ぐらいで停車。

車の方を見てみると、水を僕に差し出してくれている。

最初一本だったが僕の顔を見るともう一本差し出してくれた。

ありがとうと言いながら、自転車をその場に倒し近寄るとなんとインディアンだった。

白髪交じりのお母さんと助手席には髪が真っ白で三つ編みのおばあちゃんが座っていた。

「次の町までまだ40kmはあるよ」

「あなた、大丈夫?」

と声をかけてくれた。

本当にありがとうと僕は言って、遠慮なく水を頂いた。

水は冷たかった。

僕の残りの水はお湯だし残り少ないし、この今の僕の状況にはとてもうれしかった。


今まで道行く人に応援の声は色々かけてもらったが、物を貰ったのは初めての体験だった。

本当にうれしかった。



そして、そのお母さんとおばあちゃんにお礼を言い別れを告げた。



どうしても冷たいうちに水を飲みたかったので、その場でキャップを開け飲んでいた。

するとまた僕の横に一台の車が。。。


さっきのお母さんだった。

「次の町までこの車に乗りなさい」



・・・・・



僕は三秒考えた。



体はきついが、冷たい水も貰いこんなに気をかけてくれ心も満たされている。

のこり40km位絶対行けると思ったので、

「本当にありがとう、でも僕は次の町まで自転車でどうしても行きたい」

と伝えた。



そうすると

「素晴らしい旅を」


と言って、僕と同じ進む方向に車を走らせた。。。




暫くその水を飲みながら、ボーッと考えていた。





僕の進む向こう側から向かって来て、僕の進む方向に帰って行ったと言う事は、

たまたま通り掛かったんではなく、わざわざ水を届ける為だけに来てくれたという事なんだ。。。

しかももしかしたら、一度僕の走る姿を後ろから見て通り過ぎ

そのまま次の町まで行き水を買い、戻ってきたくれたのかもしれない・・・


僕の貰った水は冷たかったし、ビニール袋から出していた。




本当にありがとうございました。。。


a0219557_13265670.jpg





もうこの後の40kmは難なく走る事が出来た。

気持ち一つで同じ道がこんなにも違う道になるとは。

そしてこんな看板も途中発見。

a0219557_13302812.jpg



確実にダルシーにはモーテルがあるし、モーテルがあるという事は店もある。

今までの不安が一気に取り除かれた。


a0219557_13335083.jpg



そして、ダルシー到着。

a0219557_1335183.jpg



小さな町というか村で、モーテルも一軒しかなく値段は今までで一番高かったが、

今の体の疲労度と明日の事を考えるとベッドで寝るしかなかった。


a0219557_13393355.jpg


かなりグレードが高いモーテル。

なんとホテル内にカジノまであった。


a0219557_13424720.jpg



そして恐らくこの町のインディアンの祖先達。

等、色々写真も飾られていた。



a0219557_13462563.jpg



この町で一泊お世話になります。

また色々お世話になりました。。。





今日も色々あったが、明日の方が確実にきつい道のりになる。


ロッキー山脈、今日以上に明日は心してかかろう。





走行距離  135km
[PR]
by squarebowl | 2011-07-23 10:52 | ニューメキシコ | Comments(2)
Commented by Bro at 2011-07-27 16:00 x
人の温かみがほんと伝わりました!!わざわざ水を届けてくれるなんて~あったかい^^ロッキー越え祈願!!!
Commented by suwa at 2011-07-28 03:50 x
喉大丈夫だが?
俺も扁桃腺が大っきぐで、熱出して困ってるな~。
今も夏風邪引いっだし。
抗生物質貰ったら楽なったけどの(⌒-⌒; )
身体気を付けれの~。
インディアンの心に感動したぞ‼